備忘録

日々考えたこと、頭の中の整理のために

友達へ宛てた手紙

久しぶりです。

元気にしてますか?そちらは今どんな気候でしょうか。

寒いのかな?暑いのかな?

調べたらわかるかもしれないけど、調べませんでした。

 

最後に会ってからもうすぐ3年が経とうとしてます。2人であったのはちょうど夏休みだったね〜。

あの日の話を受け止められなかったこと、とても後悔してるんだ。どうしてもっとまっすぐに聞いてあげられなかったんだろうね。今ならもっと上手に聞けると思う!

 

たくさんいろんな話をしたと思います。

みんなでいる時も2人でいる時も。

 

2人でいることは何回かしかなかったと思うけど、いつも真っ直ぐに自分の考えを話してくれるから話すのがとってもたのしかった。

難しくて受け止めきれない時もあったけれど、いつも嘘なく実直に話してくれていたよね。

 

「滝のように話すと表現してくれたから滝壺という表現を僕は思いつけたんだ。そんな風に人を表現できるようになりたい。」と合宿で話してくれたのを今でも覚えています。

滝というのは真っ直ぐにとめどなく落ちていて、本当に似てるなと思ったし、そのことについて話している表情がとても大切な話をしてくれていると感じたよ。

 

次にその話が出たのは2年後かな?

大切にしている女性の話が出て、その時の表情が滝の話をしている表情と同じ表情だったから、あぁ、滝って表現してくれたのはその人なんだなって思った。

それを伝えたらびっくりしていたよね。

 

とってもわかりやすくてそんなところも好ましく思っていたよ。

彼氏がいる女の人は気軽に誘わない、奢らない、そんなポリシーもとても好き。真面目さを表してるよね。

 

4人でご飯を食べた時、私が「祝福してもらうような結婚をするのを目標にしよう」って言ったらとてもいい笑顔で「それはいいと思う」と言ってくれたよね。

その言葉にどんな気持ちが詰まっていたのかな。きっとたくさんたくさん詰まっているんだと思います。 

「私は結婚を良いものとは思っていないから、私から認められる、祝福されるということは本当にいい目標だと思う」だったかな?一言一句思い出せなくて悔しい。

 

さて、私、結婚したけど、どう思うかな?

祝福してくれるかな?

本当に私それを目標にしていたんだよ。絶対に「おめでとう」って言われたいと思っていた。

 

結婚してから、ふとした瞬間に思い出がよぎります。

結婚式で「幸せでしょ!」って言うんです。

ほら、みたことか!ぐらいの勢いで伝えようと思っていました。

 

リアクションが見たかったな。

どんな言葉をかけてくれるのか知りたかったな。

 

いなくなってから3年が経とうとしているけど、ふとした瞬間に逢いたくなるのは変わりません。

こんな話をしたらなんて言ってくれるかなって想像しています。でも、想像をはるかに超えてくれる人だったから私の想像してる通りには言わないと思うけど!

 

この手紙はわたしの喪の作業です。

あなたの家族の喪の作業は終わりましたか?

あなたに報告しに行きたいですが、あなたの家族の喪の作業には付き合えません。

 

でも、式が終わったら報告に行くね。

1人で!

 

この想いはあなたに届かなくていいです。

どうか関係ないところで幸せになっていてください。

来世でも転生でもなんでも構いません。

 

ずっと1番仲が良いと思っている同期より