備忘録

日々考えたこと、頭の中の整理のために

好きなことを好きという抵抗、隠れオタク

最近は、オタクということを隠さなくてもいい時代ですね。

しかし、私はオープンオタクになり切れないです。なぜなのか考えてみました。

 

さて、最近は…

ニコニコ動画を見ようがyoutubeを見ようが、変な目で見られることもないので口に出しますよね。

ゲームをしようが、深夜アニメを見ようが、

2ch を見ようが、web小説を読もうが…何をしても、変な目で見られることもないので、話していますよね。

 

みなさんオープンです。

 

それは、スポーツ、音楽などの1つのジャンル?としてオタクが確立したからなのか、みんなやってるからなのか…。

 

いずれにせよ、オープンですよね。

 

が、しかし、私はオープンオタクになり切れないところがあります。

 

いや、私だって言います。

ゲームやるよ!マンガ好きだよ!よく読むよ!

などなど…

 

オタクかオタクじゃないかを聞かれれば、オタクと答えます。

 

でも、実際の部分は言いません。

 

それは、オタクであることへの恥じらい、よくわからない人だなと思われたくない、というところから、バレたくないと思ってます。

 

正直、ネット小説も大好きだけど。バレたくない不思議。

ここが1番バレたくないところ。

 

ネット小説も、わりかしオタクなやつを読んでいるんですよね。

BLを読んでいた頃もあります。

そこはめちゃめちゃバレたくないですね。(現時点では、全く読まないのでバレることはないかと思いますが)

 

小説家になろう!系は、ムーンライトノベルノクターンノベルも全部好きですよ。

 

アルファポリスはサイトが好きじゃないから見てないですが…。

 

言えないです。

言っている人を見ても見方が変わるとかそう言ったことはないのですが…。

 

誰よりも自分が差別してるんだと思います。

 

何故かって言ったら中学校の時の経験に遡ります。

 

中学校の時の、ライトノベルというものを学校で読んでいる人がいました。

それおもしろいよねーと思いながら見ていると、「うわ、なにこれ気持ち悪いやつ読んでる」とか「こんなの読んでるんだ笑」という発言をされていました。

 

他にも、読書の時間に貸してと言われたので貸したライトノベルが返ってこず、教室のロッカーに無造作に置かれていました。

その後、見つけた人が「なにこれ、誰の?」「そんな気持ち悪いの誰が読むの?」などの会話をしていました。

 

こういう話が随所にあり、

ライトノベル=気持ち悪いもの

ライトノベルを読んでいる人=気持ち悪い人

という認識が私の中に確立されているように思います。

 

そのため、ライトノベルにつながりそうなweb小説を読んでいる私は気持ち悪い人という認識がどこかにあります。

 

気持ち悪い人と言われたくないので、この点に関してはひた隠しにしています。

夫は気がついていると思いますが、読んでいるとは言えません。

 

身についた習慣というものは取れないものです。そういう意味では、周りの人を一切信用していないということも言えそうです。

 

嫌われるのが怖くて言えない、が正解かと思います。

 

だから、オープンにオタクな最近の傾向はとてもいいなぁと思いつつ、そんなにオープンにするものなのか?という気持ちもあります。

時代の変化に取り残されている気持ち…!

 

まとまらないですが、この辺にしまーす。

2万円のご祝儀から邪推したこと

先日、結婚式を挙げました。

とても幸せで楽しかったのですが、1点気になることがありました。

そこから考えたことを書きたいと思います。

 

気になることは、ある方からのご祝儀が2万円だったことです。

2万円は、2〜3万円が相場ですから失礼にあたる金額ではありません。

他にも2万円の方がいましたが、何も思うことはありませんでした。

ただ、ある方からのご祝儀が2万円のために、いろいろと邪推をしてしまいました。

 

邪推が捗ったのは私とある方(以下、Aさん)の関係にあると思います。

 

■私とAさんの関係

・職場の同僚

・Aさんは、私くらいの息子がいる

・半年前に、飲み会の会費を巡ってトラブル

・トラブルは双方の話し合いで和解

・Aさん主催で結婚をお祝いする会を開催していただいた

 

■私のAさんへの想いとトラブル

ただし、私が抱いているAさんへの気持ちは複雑なものがあります。

半年前のトラブルは、飲み会の会費の不足分をAさんが負担したことに関しての認識のズレが発端でした。

Aさんは、「幹事(私)のミスでAさんが多く払ったのに、幹事(私)は知らないふりしてる!御礼もない!」と思っており、

私は、「Aさんに御礼をし、次回の飲み会の会費から清算すると伝え、了承を得た」と思っていました。

この認識のズレでトラブルになりました。

 

この件は、お互いに認識がズレていたねということで和解しました。

 

■そんなAさんからのご祝儀での邪推

先述した通り、2万円というのは相場とのことです。失礼には当たらないということです。

それは、認識しています。

 

それでも、2万円だったのはAさんと学生の友達だけであったため、「ん?」と思いました。

 

色々と考えました。

もしかして、息子さんがご病気で経済的に余裕がないのかなぁ…とか。

もしくは、旦那さんが退職されて余裕がないのかなぁ…とか

歳の離れた方だから常識が違うのかなぁ…とか。

そのどれもAさんの現状とは合いません。

 

私が傷つきたくないための言い訳でしかなかったです。

結局、2万円という額から私が受け取ったのは、「義理で出席しました」という気持ちです。

おそらくその意味を込めての包まれたのではないかと思います。

 

そうすると思うことは、「だったら、欠席すればよかったのではないか」という点です。

欠席になんてできない!と思うのであれば、相場を包んでくれればいいのではないかと思います。包みたくなかったんだと思いますが…。

そして、息子ほどの歳の子に、そういったことをして、恥ずかしくないのかなぁと考えてしまいます。

自分の親が、自分と同い年の子にそんなことをしていたら溜まったもんじゃない。恥ずかしい!と感じます。

それらのことを考えても、そうしたかったんだろうなぁと思うと、なかなか大きな気持ちだなぁと感じます。

 

大きな気持ちと思うと、「義理で出席しました」以上の気持ちがあるのでは?と邪推します。

大きな気持ち…好意ではないですよね。

おそらく悪意。

 

「あんまり好きじゃありません」

「嫌いです」

「あの事件は許してません」

「関わりたくない」

 

そんな、気持ちですかね?

そんな気持ちで義理でも出席していただいたことは感謝しています。

ただ、だったら欠席にしてくれて構わなかったなぁと思います。いろいろと考えたくなかったです。

 

職場の同僚なので、表面的に良好な関係で業務に支障がなければ構わないんです。

友人ではないし、友人にはなり得ないので。

 

でも、そんなに悪意があるとわかった以上私のAさんに対する気持ちはとっっっても複雑になりました。

表面的に良好な関係ですが、疲れます。

割と疲れます。

 

2万円なことでこんなことを考えなければいいと思うけれど、受け取った側は考えるのだなぁと思います。

 

自分は他人にそう思われないように気をつけたいなと思いました。

出席するなら3万円。

2万円にしたいならば欠席する。

 

これを心に留めておきたいと思います。

友達へ宛てた手紙

久しぶりです。

元気にしてますか?そちらは今どんな気候でしょうか。

寒いのかな?暑いのかな?

調べたらわかるかもしれないけど、調べませんでした。

 

最後に会ってからもうすぐ3年が経とうとしてます。2人であったのはちょうど夏休みだったね〜。

あの日の話を受け止められなかったこと、とても後悔してるんだ。どうしてもっとまっすぐに聞いてあげられなかったんだろうね。今ならもっと上手に聞けると思う!

 

たくさんいろんな話をしたと思います。

みんなでいる時も2人でいる時も。

 

2人でいることは何回かしかなかったと思うけど、いつも真っ直ぐに自分の考えを話してくれるから話すのがとってもたのしかった。

難しくて受け止めきれない時もあったけれど、いつも嘘なく実直に話してくれていたよね。

 

「滝のように話すと表現してくれたから滝壺という表現を僕は思いつけたんだ。そんな風に人を表現できるようになりたい。」と合宿で話してくれたのを今でも覚えています。

滝というのは真っ直ぐにとめどなく落ちていて、本当に似てるなと思ったし、そのことについて話している表情がとても大切な話をしてくれていると感じたよ。

 

次にその話が出たのは2年後かな?

大切にしている女性の話が出て、その時の表情が滝の話をしている表情と同じ表情だったから、あぁ、滝って表現してくれたのはその人なんだなって思った。

それを伝えたらびっくりしていたよね。

 

とってもわかりやすくてそんなところも好ましく思っていたよ。

彼氏がいる女の人は気軽に誘わない、奢らない、そんなポリシーもとても好き。真面目さを表してるよね。

 

4人でご飯を食べた時、私が「祝福してもらうような結婚をするのを目標にしよう」って言ったらとてもいい笑顔で「それはいいと思う」と言ってくれたよね。

その言葉にどんな気持ちが詰まっていたのかな。きっとたくさんたくさん詰まっているんだと思います。 

「私は結婚を良いものとは思っていないから、私から認められる、祝福されるということは本当にいい目標だと思う」だったかな?一言一句思い出せなくて悔しい。

 

さて、私、結婚したけど、どう思うかな?

祝福してくれるかな?

本当に私それを目標にしていたんだよ。絶対に「おめでとう」って言われたいと思っていた。

 

結婚してから、ふとした瞬間に思い出がよぎります。

結婚式で「幸せでしょ!」って言うんです。

ほら、みたことか!ぐらいの勢いで伝えようと思っていました。

 

リアクションが見たかったな。

どんな言葉をかけてくれるのか知りたかったな。

 

いなくなってから3年が経とうとしているけど、ふとした瞬間に逢いたくなるのは変わりません。

こんな話をしたらなんて言ってくれるかなって想像しています。でも、想像をはるかに超えてくれる人だったから私の想像してる通りには言わないと思うけど!

 

この手紙はわたしの喪の作業です。

あなたの家族の喪の作業は終わりましたか?

あなたに報告しに行きたいですが、あなたの家族の喪の作業には付き合えません。

 

でも、式が終わったら報告に行くね。

1人で!

 

この想いはあなたに届かなくていいです。

どうか関係ないところで幸せになっていてください。

来世でも転生でもなんでも構いません。

 

ずっと1番仲が良いと思っている同期より

溺愛が好きな理由〜愛されたい願望と実際〜

小説で溺愛が好きなのはなんでなんだろうとふと考えたら、自分の理想と実際を認識した話です。

 

さて、自分の小説好みを俯瞰してみてわかったのは、「溺愛が好き」ということでした。

 

ヒーローの性格はなんでもいいんです。

ヘタレでも俺様でもヤンデレでも、爽やか系でも、おたく系でも。

溺愛してくれれば、甘々ならば、それでいい。

 

小説だから、とか、ネット小説だから…など思っていたのですが、実際に愛されたい願望があるんだと思います。愛されたい願望が溺愛好きになったと考えています。

  

愛されたい願望があり、それが実現された理想の状態=溺愛ってことですね。

 

では、溺愛の内容が何かというと…

 

私が思う溺愛とは下記の3つ?

 

・好かれて嬉しいと感じる相手がいる
・その相手から誰からみても愛されている状態
・あ、この人私のこと好きなんだなと思える状態が週に7回以上ある

 

ちょっと抽象的ですよね。

まぁ、愛されている状態という時点で主観的なものが入っているので、抽象的になるので仕方がないですが…。

 

とりあえず、私の溺愛(=愛されている理想の状態)はこれだとします。

 

それで、実際のところどうなんだろうと考えたところ…

 

割と理想に近いのではないかと思いました。

 

こんなことを実際に言っていたら殴られそうで言えないですけれど。

今の生活は割と「溺愛」されているのではないかと思います。

 

3つに当てはめると…

 

・好かれて嬉しいと感じる相手がいる

→いますね。好かれて嬉しいと感じる相手。そして、その人のことはとても好きです。


・その相手から誰からみても愛されている状態

→共通の知り合いからは8割以上にそう思われていると思います。少なくとも私<相手という行為の度合いという認識が多い。

 

・あ、この人私のこと好きなんだなと思える状態が週に7回以上ある

→一緒に住んでいるので、思うことは多いですね。特に、寝起き?などの寝ぼけている時。私の顔を見ると、見たこともないくらい幸せそうに笑うので、毎回好かれてるなぁと思って嬉しく思っています。

 

この状態、とても安心!

そして、とても幸せ!!!

 

充足感、満足感、幸福感、なんでもいいですけれど、非常に心地よい生活です。

一時的にストレスが多い状況になったとしても、きっと大丈夫だなと思うくらい安心です。

 

付き合い始めてから7年程度経っておりますがとても安心して、安定な生活しています。

 

安心と安定の肝になっているのは3つ目の条件なのだと思います。

 

あ、この人私のこと好きなんだなと思える状態が週に7回以上ある

 

つまりは、ほぼ毎日好きなんだなって思っていられるんですよね。毎日実感している。

ここが大事です。

 

これがあるからこそ、見捨てられるかもという不安をカケラも抱かなくて良いため、安心していられます。

 

私の性格は、最悪を想定し最低限の布石を打つというものなので、別れた場合や浮気された場合の想定はもちろんしています。

 

ただ、その想像が想定で収まり広がっていかないので、不安な気持ちにはなりません。

それも毎日実感しているから不安が広がる前に収まります。

 

そのため、素晴らしく安定している生活が送れています。素晴らしい!

 

溺愛好きなのはなんでなんだろうとふと考えてみたら、理想を発見し、理想と現実を考えると今の自分の状態がよりよくわかりました。

 

実際にこんなこと言っていたら、とても嫌な奴だと思うのでこっそりと投稿。

 

 

理想を否認していた話

たぶん昔から自分の理想っていうイメージはあって、それに乗るように人生を選んでる。無意識に想定している理想を認めたくなくて去年は足掻いてたんだろうなって思う(・∀・ )

 

認めたくないのは多くの人がわかりながらも、あまりやっていないから、やっていると変な人とか、意識の高い系の人に見えてしまうと感じていたからだ思う。

 

つまり、周囲の目を気にしてやってない(・∀・  )

 

でも、私の理想はそこじゃないと常々思ってた。職業が目指すべきものがあるのに、やってないのはおかしいよね。

 

やれる環境なのにやらないのは変だよね。

 

ということで、飛び込んだ二足のわらじ。

 

これが二足のわらじになっていることが問題なんだけどね…(・∀・  )

ブログを始めた理由

以前、ブログについて記事を書きました。→http://chaka.hatenadiary.com/entry/2017/04/17/005347

 

今日は、ブログを始めた理由を整理したいと思います。

 

①文章を書くことに慣れたかった

②考えていたことを残したかった

 

という2点です。それぞれ詳しく書きます!

 

①文章を書くことに慣れたかった

 

話すこともメールを打つことも多いけれど、文章ってなかなか書く機会がありません。

もちろん、仕事などで書く機会はありますが定型文も多いです。

自分自身で表現することってなかなかないなと思います。

 

そうしなくてもうまくいく人も当然いると思います。でも、私はそうじゃない。

たぶん表現するのが下手なんだと思います。

だから、文章を書くことに慣れたいなと思って始めました。

 

書き言葉ではないので練習にならないという説もあるけれど…

そもそも考えていることをアウトプットすることがなかったので、頭の中にあることを外に出す練習としてブログを書きたいと思ってます!

いま現在、更新はそれほど多くないですが、ゆるゆるとやっていけたらいいなと考えてます。

 

② 考えていることを残したかった

 

考えていることってたくさんあるんですが、日々生活している中で覚えているのは一部…

そして、なんかいい思いつきがあったとしてもそれを残しておけないところがあります。

 

だから、ブログに書くということで少しでも残せたらいいなぁと思ってます。

 

日々それほど多くのことを考えているわけじゃないかもしれないけど!

アウトプットすることでわかることがたくさんあると思うのです。

そのために、日々の考えを整理しながら残したいなと思いました!

 

とても月並みな理由だけど、率直な考えでした!

脱毛はハマる

脱毛って最近よく聞きますが、している人多いんですかね?

 

私はしてます。

正直、脱毛ってハマります。今回の内容をざっくり言うとこんな感じ

 

・脱毛後の自己処理の要らなさと肌の綺麗さにに感動

・その後、部位はどんどん追加される

・お試しで…なんか考えるとどんどんハマる!

 

最初は、ミュゼでひざ下ひじ下+脇とVラインでした。

この時は、脇の500円のプランがよかったけれど、持っていた紹介チケットがもったいなかったので5万くらいかけてやって見ました。

 

効果はやっぱり有りましたね。

エステと言えども自己処理よりもはるかに楽。

2日に1回ペースで剃っていたのが、剃らなくてよくなり、剃らないから剃刀負けしないので、楽チンでした!

肌もそのぶん荒れないので綺麗!

 

5万くらいかけましたが6回なので1年ちょいで終わる計算。終わったらまた追加しようと考えていました。

5万くらいならば1年で捻出することはたやすいですからね。

 

そして、6回が終わり…まだ生えてます。

ひじ下ひざ下なエステで6回で終わるなんて夢ですね…。

でも、薄くなっていてやった甲斐はあったなという気持ちです。

 

その頃、ミュゼの経営がやばいというニュースが駆け巡りました。

驚きつつも調べていると…経営については詳しいことはわかりませんが、

エステよりも医療の方が回数重ねなくてもいいということがわかりました!

 

驚き!笑

自分の事前のリサーチ力の低さにも驚き!

 

そこから、まだ生えている部分をやるのか、新たな部分をやる中で迷い…

 

顔脱毛をすることにしました!

 

恥ずかしながら、鼻下と顎下にそれなりに太い毛が何本か有り、頻繁に剃っている日々だったのでこれがなくなるならば…!という期待を込めて、顔脱毛を決意。

 

顔はさすがにトラブルが怖い。

ミュゼは顔の範囲が限られている。

 

以上の2点から医療脱毛に移行しました。

 

湘南美容外科の顔脱毛の6回コースと脇5回コースを申し込み!

これまた5万くらい。

 

やっぱり5万くらいだと気軽に申し込みをしちゃうんですよね。怖い怖い。

 

顔脱毛の効果もあったと思います!

気にしていた太い毛はなくなり、顎下が硬毛化した疑惑もありましたが、個人的には満足してます。

 

しかし、ここでまだまだ終わらない。

 

医療をやって、効果を実感するとエステでやっていたところで終わっていない部分が気になります。

ここを医療でやったら効果があるのではないか…!!!!

 

そして、脱毛によって毛がない状態を味わっていると肌の手触り、手入れ不要の楽さなど、メリットばかりを感じます。

幸いなことに大きな肌トラブルに見舞われていないので、費用さえクリアすればたくさんやりたい!とハマりました。

 

ただお金はないので、初回トライアルキャンペーンを探し…

 

・ひじ下と指の3回 9800円

・足(指、膝下、太もも)、背中、うなじ、腕(ひじ下、二の腕)、顔を6回 24万

 

を追加。

 

現時点で総額35万…!

 

満足している部分はあるもののそれでも足りないなという、気持ちがあります。

今気になるのはVIOですね。

きっと楽なんじゃないかなという気持ち。

でも、ちょっと勇気が出せないとためらっているけれど…。

 

そのうち手を出す予感があります。

 

以前、契約したところで、「結局、気になるなって思っている人は全身やるんですよね。やらないひとはひざ下ひざ下と脇だけでいいって割り切っているので。」と言われとても納得。

 

やっぱりやりたい人は全身やりたくなるみたいですね!!!

 

脱毛はハマります。本当に。

試しにやった後は、全身に切り替えた方が結果として得だったかなと思いますね。

 

脱毛楽だよ!好きだよ!